第一大臼歯

6歳頃に生えてくることから、6歳臼歯とも呼ばれています。

胎生3~4ヶ月頃に歯胚の形成が開始し、

出生時に石灰化が始まり

歯冠完成が2~3年

萌出するまでに6~7年

歯根が完成するまでに9~10年

と非常に長い時間をかけてつくられます。

永久臼歯の中で最初に萌出してくる歯であり、もっとも大きく、咬合を決定したり、咀嚼の中心となるなど、非常に重要です。

萌出に要する時間が長く、咬合を開始するまでに6~12ヶ月間の半萌出状態が続き、表面の構造が粗造であり、また小窩裂溝の形態も複雑で歯質も幼若なために、萌出途中で早期に虫歯になることが多いと言われています。

見た目にごく初期と思われていた虫歯でも、思いのほか進行していることが多いですので、注意して下さい。

 

まりふ  M

 

タイトルとURLをコピーしました