歯の着色

今やマスクは必需品ですが、外した時に歯の着色を気にする人は多いと思います。

今日は着色についてお話します。

着色の原因とは?

歯の着色原因は、内部からと外部からの原因があります。

・加齢による歯の黄ばみ

・虫歯による色の変化

・外部からの着色

外部からの着色はご自身でケアすることが可能です。

コーヒーやお茶などに含まれる色素が歯の表面に沈着することでも着色を引き起こします。

ステインによる着色と呼ばれるものがこれに当たります。

ステイン着色の原因になりやすいものは、コーヒー他、赤ワインやチョコレート、タバコなどが良く知られています。

コーヒーはみなさん嗜好飲料として飲まれる方が多いと思います。

「ステイン」を付着させない方法とは?

歯の表面はつるつると滑沢です。これは滑沢なことで歯の表面に細菌がつかないようになっており、清潔な状態を保てるようになっています。

・表面を傷つけないよいに

表面を研磨剤などでゴシゴシと強く磨いてしまうと、細かな傷がついてしまいます。するとその細かな傷に細菌や汚れがつきやすくなり、結果としてステインの沈着にも繋がってしまうのです。歯の表面を傷つけないように注意することも大事ですが、汚れを除去するためには研磨剤入りの歯磨き粉が有効な場合もあります。

生活習慣や歯の状況にあわせて、上手に取り入れることがポイントです。

・飲食後の習慣

コーヒー他、さまざまな飲み物や食べ物にステインが含まれています。

これらのものを飲食した後にうがいをすることで、ステインの主成分を洗い流し、ステインの沈着を防止することができます。

歯の汚れや歯垢などを本格的に除去するには、やはり歯科医院でクリーニングをしてもらうのが一番です。

 

あさひ   K

タイトルとURLをコピーしました