歯石

今回は歯石について少しお話したいと思います。

検診にきてるのにどうして歯石がつくの?

と疑問に思う方もいるかもしれません。

そもそも歯石とは一言で言えば歯垢が硬くなったもののことで歯磨きで磨き残した歯垢はおよそ2日ほどで

歯石へと変わってしまうと言われています。そのため歯磨きがしにくい場所、特に歯と歯茎の境目や

歯と歯の間にできやすく、歯石は名前の通り石のように硬いため、一旦歯についてしまうと歯ブラシで取ること

ができません。歯石を発生させないためにはいかに歯垢の状態で歯ブラシで落とすかということが大事になって

きます。もし歯石がついてしまった場合はすぐに除去した方がいいです。歯石は少しずつついてきますがすぐに

除去した方がいいです。放置すると歯石はどんどん硬く、そして増えていきます。

歯石の表面はデコボコしているため、そこに細菌がの塊がつきやすく歯茎を刺激してしまい歯周病を悪化させる

原因になります。

よこで、定期的な検診にお越しいただくことはとても重要になります。

まりふ  Y

タイトルとURLをコピーしました