最近の歯磨き粉

皆さんはいつもどんな歯磨き粉を使っていますか❓ドラッグストアに行くと、たくさん種類があって迷いますよね。そんな毎日使う歯磨き粉選びのポイントについてお話しします。

まず、歯磨き粉を使う目的とは「歯垢を落としやすくする」ということです。歯磨き粉で歯垢は取れないということで、歯垢を取るのは歯ブラシなのです。歯磨き粉は歯垢を取る補助的な役目でしかありません。

その一般的な歯磨き粉には、歯垢を取る研磨剤や泡立ちの為の発泡剤、乾燥を防ぐ保湿剤やハッカなどの味と最低限の素材が入っています。それとは別に歯磨き粉それぞれの特徴として薬用成分が入っています。その薬用成分の機能により虫歯予防、歯周病予防、口臭予防などの効果を発揮するものです。

・薬用成分・

フッ化物(むし歯予防) : フッ化ナトリウム、モノフルオロリン酸ナトリウム

抗炎症剤(出血防止) : トラネキサム酸

(消炎、抗アレルギー作用) : β-グリチルレチン酸

(消炎、血行促進) : ビタミンE

酵素(歯垢の分解除去) : デキストラナーゼ

殺菌剤(虫歯や歯周病菌の殺菌、菌の増殖を抑える) : トリクロサン、ビオゾール(IPMP).塩化セチルピリジニウム

知覚過敏(しみるのを防ぐ、痛み刺激の遮断) : 乳酸アルミニウム

(神経鈍磨作用、痛み刺激の遮断) : 硝酸カリウム

ヤニとり(ヤニの溶解除去作用) : ポリエチレングリコール

歯磨き粉選びのポイントを簡単に挙げてみました。

大切なのは、歯ブラシで歯垢を落とすための手助けとして歯磨き粉を使うという大前提を忘れず、ご自身のお口の中の状態にあったものが含まれている歯磨き粉を選ばれると良いと思います。

「どんな歯磨き粉を使ったらいいの❓」という方はお気軽に当院のスタッフにご相談下さい。

まりふ歯科  S

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました