第二大臼歯

第一大臼歯の後方に萌出する大臼歯を第二大臼歯といいます。この萌出をもって永久歯列の完成としています。

12歳頃生えてくるので、12歳臼歯とも呼ばれています。

歯列の最後方にある第二大臼歯は咀嚼を担っている重要な歯牙であり、また将来補綴処置を行なうにあたり問題の少ない補綴物を装着するのにも重要な役割を担っている歯牙です。

歯列内の後方部に存在するため清掃が十分に行われず喪失してしまうことも多く、口腔内に存在している期間が一番短いといわれています。

歯列最後方部の砦として、よく清掃して大切にしましょう。

             まりふ M

タイトルとURLをコピーしました