歯周病とタバコ(喫煙)の関係

歯周病は歯垢(プラーク)が原因で発症し、症状が悪化していくのですが、歯垢(プラーク)だけでなく『たばこ(喫煙)』が原因で歯周病の症状が悪化し、さらにタバコを吸っている方は歯周病の治療を行っても治りにくいといわれています。

なぜタバコが歯周病の症状を悪化させ、治りづらくしてしまうのでしょうか?

人間の身体にはケガや病気をしても自然治癒力がありますのでありは程度の病気やケガであれば勝手に治っていくのですが、たばこに含まれる『ニコチン』という物質は血液の流れを悪くし、身体の抵抗力を下げるといわれていますので、

●病気にかかりやすい=歯周病になりやすい
となり、さらに病気(歯周病)になっているにもかかわらずタバコを吸い続けていると、
●病気が治りにくい=歯周病も治りにくいということになってしまうのです!

またタバコにはニコチン以外にも多くの有害物質が含まれており、それらの有害物質が唾液の分泌量を減少させたり、歯垢(プラーク)を付着させやすくしますので、たばこを吸う人は歯周病が治りづらく、例え完治しても再発しやすいのです!

タバコをやめない限り歯周病は治らない!とさえ言われていますので、歯周病を完治させ、再発を防ぎたい場合は、たばこをやめる事が近道になる事は間違いありません。

禁煙すると歯周病へのリスクが下がりますので、歯周病を予防するためにも禁煙することをオススメします。

まりふY

タイトルとURLをコピーしました