唾液について

(唾液のおはなし)

口の中に出される液体(つば)のことです(よだれ)
口の中には、唾液腺と呼ばれる唾液を作り出す基の部分が有ります。
唾液の成分は99.5%が水分です。
加齢的な影響を受けやすく
30代をピークに減少し始めます
70代には、ピーク時の3割迄減少します。
唾液の分泌量は、時間により変化します。
食事中は増え、睡眠中は減少傾向にあります。
精神的な影響を過分に受ける傾向もあり、例えば緊張すると唾液の量が減り口が渇いて来ます。
酸っぱい物を想像するだけで、唾液は出ます。

(唾液の7つの働き)

①消化作用ー食べ物を消化する働き
②粘膜の湿潤保護作用ー口の中に傷が出来ないように守る働き
③洗浄作用ー歯の表面等に付いた食べかすを洗い流す働き
④抗菌.殺菌作用ー細菌が増えるのを防ぐ働き
⑤緩衝作用ー口の中を中和してくれる働き
⑥再石灰化作用ー虫歯を防ぐ働き
⑦排出作用ー異物をからだから排除しようとする働き

(唾液が減ると起きる5つの影響)

①虫歯や歯周病に成りやすくなる
②口臭が強くなる
③入れ歯が痛く成りやすくなる
④口内炎が出来やすくなる
⑤口の中に黴がはえる

(唾液を増やすために出来る5つのこと)

①水分補給ーからだの中の水分が減るとそれに伴い唾液も減少
②ガムを噛むー噛むことは、唾液腺を刺激し唾液の分泌を促す
③食事はしっかり噛むー噛むことが大切。ゆっくり、回数を重ねて噛むようにする。
しっかり噛むことで、満腹中枢も刺激され食べ過ぎを防ぐ効果も期待できる
④舌を動かすー舌を動かすと舌の下にある唾液腺が刺激されるので唾液が出てきやすくなる
(あいうべ体操。ご存知ですか?是非試してみて下さい)
⑤唾液腺マッサージー耳の下、顎の下を親指で円を描くようにマッサージ

(まとめ)

唾液がお口の中に十分潤い、快適に過ごせますように…
唾液腺は「朝目覚める!」と言われています。
朝食に、根菜類等のよく噛む食材を取り入れ「ゆっくり、しっかり」噛んで唾液腺を起こして、唾液に1日しっかり働いて貰いましょう(よだれ)

タイトルとURLをコピーしました