大人むし歯はなぜ起こる?

40代以上の世代で「大人むし歯」が増加しています。子どものむし歯と違って自覚症状を感じにくく、気づいた時には進行しているケースが多いのが特徴です。

大人むし歯の種類はおもに二つです。
1 加齢や歯周病が原因で歯茎が下がり、露出した歯の根元に出来る”根元むし歯”

2 むし歯を治療して何年も経過して詰め物と歯の隙き間にできる”再発むし歯”

1の人は歯周病の可能性も。歯の根元は柔らかく酸に弱いので、むし歯になりやすいです。

2の人は詰め物やかぶせ物と歯の隙き間に歯垢がたまりやすく、むし歯の原因に。

1,2のいずれも痛みを感じにくく、発見が遅れてしまいがちになりますので、定期的な検診をおすすめします。

            ドレミ歯科 C

タイトルとURLをコピーしました